NBAマニアによるNBAマニアの為のブログ

NBAの試合観戦記、コラム、戦力分析、最新ニュース、トレード情報をお届け。管理人の趣味であるYahoo!のFantasy NBAについてなど。

*

全30チーム戦力分析 : シカゴブルズ

      2016/03/13

2015y11m06d_234243469

Starting Lineup
PG  D.ROSE
SG   J.BUTLER
SF   M.DUNLEAVY
PF  T.GIBSON
C     P.GASOL
6th  D.McDERMOTT

BENCH 
PG   A.BROOKS
PG   J.HOLIDAY
SG   E.MOORE
SF   N.MIROTIC
SF   T.SNELL
PF   B.PORTIS

PF   C.BAIRSTOW
C  C.FELICIO

INJURY
C  J.NOAH

Chicago Bulls戦力分析

’14-’15 season  50-32(Eastern Conference 3rd)
’15-’16 season(予想)  52-30(Eastern Conference 4th)

フロントコートの選手層の厚さが強み。大半のチームではスタメンで起用されるであろうジョアキムノアやタージギブソンがベンチに控える。ルーキーのボビーポルティスは昨シーズンのALL NCAA 1st teamに選出されるほどの選手であるが、怪我人が出ない限りは出場機会が殆どもらえないという贅沢な状況。一方で鉄人ジミーバトラーを除き、デリックローズを始めとしたバックコート陣は怪我がちな選手が多いのが不安要素である。ルーキーシーズンである昨シーズン、期待されながらも一切奮わなかったダグマクダーモットが2年目を迎えて活躍の兆しを見せる。35才のセンター、パウガソルが今後衰えていくことを考えても今シーズンあたりが勝負の年か。

 - Chicago Bulls