NBAマニアによるNBAマニアの為のブログ

NBAの試合観戦記、コラム、戦力分析、最新ニュース、トレード情報をお届け。管理人の趣味であるYahoo!のFantasy NBAについてなど。

*

全30チーム戦力分析 : ミルウォーキーバックス

      2016/03/13

2015y11m07d_161216021

Starting Lineup
PG  J.BAYLESS
SG  K.MIDDLETON
SF   G.ANTETOKOUNMPO
PF  J.PARKER
C   G.MONROE
6th   M.PLUMLEE

BENCH 
PG   T.ENNIS
SG   R.VAUGHN
SF  D.INGLIS
SF   S.NOVAK
PF  J.O’BRYANT

INJURY
PG  G.VASQUEZ
PG   M.C.WILLIAMS
SG   O.J.MAYO
PF  J.HENSON

 

 

Milwaukee Bucks戦力分析

’14-’15 season  41-41(Eastern Conference 6th)
’15-’16 season(予想)  41-41(Eastern Conference 7th)

ジェイソンキッドが監督に就任してすぐに結果を出したバックスだが、シーズン途中にブランドンナイト⇔マイケルカーターウィリアムズ(MCW)のトレードを敢行。MCWのポテンシャルを買ったバックスだったが、それ以降チームの成績は落ち込みプレーオフの進出自体が危ぶまれるほどだった。今シーズンはFAでグレッグモンローとグレイビスバスケスを加えた。若手の成長も著しく、ロスターの粒は揃っている。FAでバスケスを加えたことでMCWの安定感の無さを補うことに成功。ケミストリーを高めることでどこまでも可能性を秘めたチームであることに疑いの余地はないが、MCWとモンローの所属チームはこれまで負け続けている。

 - Milwaukee Bucks