NBAマニアによるNBAマニアの為のブログ

NBAの試合観戦記、コラム、戦力分析、最新ニュース、トレード情報をお届け。管理人の趣味であるYahoo!のFantasy NBAについてなど。

*

NBAドラフトチームで今ロスター組んでみた【サウスイースト篇】

      2016/06/18

イースタンカンファレンスの最後はサウスイーストディビジョン。

 

【アトランティック篇】

【セントラル篇】

 
 
 




 
 

アトランタホークス

2016y01m08d_00034631121atlanta

PG ジェフティーグ(2009年17位)
SG ジェイソンテリー(1999年10位)
SF ジョシュスミス(2004年17位)
PF アルホーフォード(2007年3位)
C パウガソル(2001年3位)
6th ボリスディアウ(2003年21位)

マービンウィリアムズ、マイクソコット、シェインラーキン、デニスシュルーダー、エイドリアンペイン、ケリーウーブレJr.

 

【1桁順位ドラフトピック(1995年以降)】

2000年6位 ダマールジョンソン
2001年3位 パウガソル
2005年2位 マービンウィリアムズ
2006年5位 シェルデンウィリアムズ
2007年3位 アルホーフォード

2007年のアルホーフォード指名以降はプレーオフに出続けている為、ここ8年間1桁順位での指名は無い。ガソルとホーフォードは当たりピック。マービンは最低限の活躍をしている。他の一人はハズレ。

 

【スティールピック】

2004年17位 ジョシュスミス
2009年17位 ジェフティーグ

どちらも悪くないが、スティールピックというほどでは無いかも知れない。特に助手スミスは下手くそなスリーポイントの多投などで迷惑系のレッテルを貼られている。

 

【戦力分析】

いわゆるスウィングマンタイプの選手が居らず、チームオフェンスで点を取りに行く。プロフェッショナルな選手が多く、堅実なバスケで勝ち星を重ねる。優勝するにはひとりパンチのある選手が欲しいところ。

 

【勝敗予想&スタッツリーダー(仮)】

項目 選手名 スタッツ
得点①  パウガソル 20.6
得点②  ジェイソンテリー 18.1
リバウンド  パウガソル 11.1
アシスト  ジェフティーグ 7.2
スティール  ジェイソンテリー 1.8
ブロック  パウガソル 2.2

シーズン成績:50勝32敗

 

 

マイアミヒート

2016y01m08d_00034631121miami

PG ドウェインウェイド(2003年5位)
SG カロンバトラー(2002年10位)
SF ジャスティスウィンズロー(2015年10位)
PF マイケルビーズリー(2008年2位)
C ジェイソンスミス(2007年20位)
6th マーカスソーントン(2009年43位)

PJヘアストン、ラソールバトラー

 

【1桁順位ドラフトピック(1995年以降)】

2003年5位 ドウェインウェイド
2008年2位 マイケルビーズリー

ここ20年で16回プレーオフに出場している上に、積極的にドラフト指名権をドレードで使って戦力補強をしていく為に、上位指名は少ない。

 

【スティールピック】

該当ナシ

 

【戦力分析】

エースはウェイドであるが、ウェイドとバトラーを除くとNBAで大した成績を残していない選手ばかりで、心もとない。選手層も薄いために怪我がちなウェイドには荷が重い。

 

【勝敗予想&スタッツリーダー(仮)】

項目 選手名 スタッツ
得点①  ドウェインウェイド 29.7
得点②  カロンバトラー 20.4
リバウンド  ジェイソンスミス 9.6
アシスト  ドウェインウェイド 7.1
スティール  ドウェインウェイド 2.2
ブロック  ドウェインウェイド 1.4

シーズン成績:40勝42敗

 

 

オーランドマジック

2016y01m08d_00034631121orlando

PG ビクトールオラディポ(2013年2位)
SG JJレディック(2006年11位)
SF コートニーリー(2008年22位)
PF アンダーソンバレジャオ(2004年30位)
C ドワイトハワード(2004年1位)
6th ザザパチュリア(2003年42位)

アンドリューニコルソン、カイルオークイン、アーロンゴードン、マリオヘゾニヤ

 

【1桁順位ドラフトピック(1995年以降)】

2000年5位 マイクミラー
2004年1位 ドワイトハワード
2012年2位 ビクトールオラディポ
2014年4位 アーロンゴードン
2015年5位 マリオヘゾンヤ

2000年代で唯一NBAファイナルに進出した時にチームを率いていたのはドワイトハワード。ディフェンシブプレイヤーオブザイヤーに3年連続受賞するなど、インサイドを支配していた。そのままフランチャイズを背負っていくかと思われたが、高卒ルーキーから8年間所属したマジックからトレードでレイカーズに移籍。その後は怪我も多くぱっとせず。

 

【スティールピック】

2003年42位 ザザパチュリア
2004年30位 アンダーソンバレジャオ

それほど素晴らしいスティールピックはない。上位指名を見てみると、ポテンシャルにかけるようなピックがマジックの特徴か。

 

【戦力分析】

ハワードとバレジャオのフロントコートはかなり強力であるが、コートを広げることは出来ないため、現代バスケの4番のプレーについて行く事が難しい。試合を上手にコントロールできる選手がおらず、チームケミストリーは悪い。

 

【勝敗予想&スタッツリーダー(仮)】

項目 選手名 スタッツ
得点①  ドワイトハワード 22.5
得点②  ビクトールオラディポ 19.5
リバウンド  ドワイトハワード 13.8
アシスト  ビクトールオラディポ 5.6
スティール  ビクトールオラディポ 1.8
ブロック  ドワイトハワード 2.9

シーズン成績:32勝49敗

 

 

ワシントンウィザーズ

2016y01m08d_00034631121washington

PG ジョンウォール(2010年1位)
SG ブラッドリービール(2012年3位)
SF オットポーター(2013年3位)
PF ネマンジャビエリーツァ(2010年35位)
C ジャベイルマギー(2008年18位)
6th ニックヤング(2007年16位)

スティーブブレイク、デビンハリス、シェルビンマック、ジュリアングラント

 

【1桁順位ドラフトピック(1995年以降)】

1995年4位 ラシードウォーレス
1999年7位 リチャードハミルトン
2001年1位 クワミブラウン
2004年5位 デビンハリス
2010年1位 ジョンウォール
2011年6位 ファンヴェセリー
2012年3位 ブラッドリービール
2013年3位 オットポーター

2001年全体1位指名のクワミブラウンの印象が強いが、並べて見るとしっかりと活躍している選手が多い。近年では2011年のヴェセリーが大きなミス。7位以下にはブランドンナイト、ケンバウォーカー、クレイトンプソン、アレックバークス、モリス兄弟、カワイレナード、ニコラブチェビッチ、イマンシャンパート、モテユナス、ケネスファリード、ニコラミロティッチ、レジージャクソン、ジミーバトラーと、かなり活躍している選手も多いドラフトの当たり年であった。

 

【スティールピック】

該当なし

 

【戦力分析】

今のウィザーズの劣化版といった印象。下位指名での当たりが無い為、選手層も薄い。ポジションのバランスも悪く、特にCマギーPFビエリーツァは厳しい。

 

【勝敗予想&スタッツリーダー(仮)】

項目 選手名 スタッツ
得点①  ジョンウォール 21.8
得点②  ブラッドリービール 20.9
リバウンド  ジャベイルマギー 11.4
アシスト  ジョンウォール 9.2
スティール  ジョンウォール 2.3
ブロック  ジャベイルマギー 2.5

シーズン成績:29勝53敗

 

 

 

シャーロットホーネッツ

2016y01m08d_00034631121charlotte

PG ケンバウォーカー(2011年9位)
SG コービーブライアント(1996年13位)
SF トバイアスハリス(2011年19位)
PF マイケルキッドギルクリスト(2012年2位)
C コーディゼラー(2013年4位)
6th レイモンドフェルトン(2005年5位)

ジェラルドヘンダーソン、ジャレッドダッドリー、DJオーガスティン、アレクシスアジンサ、ノアボンレー、ドワイトパウエル、フランクカミンスキー

 

【1桁順位ドラフトピック(1995年以降)】

1999年3位 バロンデイビス
2004年2位 エメカオカフォー
2005年5位 レイモンドフェルトン
2006年3位 アダムモリソン
2007年8位 ブレンダンライト
2008年9位 D.J.オーガスティン
2011年9位 ケンバウォーカー
2012年2位 マイケルキッドギルクリスト
2013年4位 コーディゼラー
2014年9位 ノアボンレー
2015年9位 フランクカミンスキー

まるで使い物にならなかった選手はアダムモリソンくらいだが、総じて順位ほどの活躍をしていない。トレードで放出することなく辛抱強くドラフト指名権を抱えるが、これまでのところチームは弱小で有り続けている。ここ10年で出場したプレーオフは2度で、どちらも1stラウンドをスウィープ負けしている。

 

【スティールピック】

1996年13位 コービーブライアント

なんと言ってもコービーブライアント。ドラフト直後ブラデディヴァッツとのトレードでレイカーズに移籍した。

 

【戦力分析】

攻守にバランスの良いチームである。選手層もあついため、コービーのワンマンチームにはならない。こうして見るとかなり良い選手をドラフトピック出来ているが、見限るのが早くトレードで放出してしまっている。

 

【勝敗予想&スタッツリーダー(仮)】

項目 選手名 スタッツ
得点①  コービーブライアント 32.8
得点②  トバイアスハリス 18.4
リバウンド  コーディゼラー 9.0
アシスト  コービーブライアント 5.7
スティール  コービーブライアント 1.9
ブロック  コーディゼラー 1.1

シーズン成績:53勝29敗

 

 

 - Atlanta hawks, Charlotte Hornets, Miami Heat, NBAニュース, Orlando Magic, Washington Wizards