NBAマニアによるNBAマニアの為のブログ

NBAの試合観戦記、コラム、戦力分析、最新ニュース、トレード情報をお届け。管理人の趣味であるYahoo!のFantasy NBAについてなど。

*

ブックメーカー、ウィリアムヒルでNBAを賭ける

      2016/06/18


 
2015y11m29d_195124719

ひょんなことから、いわゆるブックメーカーであるウィリアムヒルにて、NBAを賭けて見ることにした。

元資金は、$200

今日から、毎日全試合(ファンであるNYK以外)賭ける。

・実際のBET
・収支報告

などなど惜しげもなく晒していくのでよろしく。

 

という訳で、早速日本時間11月30日開催の試合から賭けてみることにした。

2015y11m29d_194245810

ベット(掛け金)は$10で固定。明日は7試合だが、HOU@NYKを除き、6試合分のベットがこれだ。

簡単に説明すると、賭けることが出来るのは単なる勝敗だけではない。

画像を見ていただくと、『トータルポイント』『ハンディキャップによるポイント差』という2種類がある。これが、2015年11月29日現在ブックメーカーウィリアムヒルの、NBAで賭けることのできるフォーマットだ(正確に言うとMVP予想、優勝予想などもあるがデイリーフォーマットはこの2種類。他のスポーツはわからない。)
※この他に、通常の『勝利チームの予想』というフォーマットもありました。当然ですね^^;

 

 

具体的に見てみよう。

『トータルポイント』とは・・・両チームの合計得点予想。マッチアップにより基準値は変わる。

2015y11m29d_200318213

204.5という数字はウィリアムヒルにより定められている数値で、これを上回るか下回るかが賭けの勝ち負けのポイントになる。両チームの勝敗は無関係。

今回私はオーバーにベットをしているため
合計スコアが204以下・・・負け
合計スコアが205以上・・・勝ち
となる。

 

『ハンディキャップによるポイント差』とは・・・実際の試合結果から、カッコ内の数字を加える若しくは引いた数字での勝敗予想

2015y11m29d_200602451

例えばMIN102-LAC107だったら、当然リアルな世界ではLACが5点差で勝利したことになる。しかし、ウィリアムヒル上では元々MINには+8.5が定められているため、ウィリアムヒル上での最終スコアはMIN110.5-LAC107となる。

よって、ウィリアムヒル上での勝利チームはMIN。賭けには勝ったことになる。

 

以前は勝敗予想なども出来たようだが、今現在はこの2種類しか掛けのフォーマットは存在していない。全く詳しくないので詳細は不明だが、単なる気まぐれなのか、もしくはNBAの勝敗予想は比較的容易でありウィリアムヒル側が不利になる為にフォーマットを無くしたのかもしれない。

Fantasy、ブックメーカー(ウィリアムヒル)、NYKの応援。これでまたNBA観戦がさらに面白くなった。

明日からは予想の根拠も乗せていくので乞うご期待!

 

追記

やはり通常の勝敗を賭けるフォーマットも出てきた。当然か。で、早速掛けた。

2015y11m29d_220848588

これは、競馬などでよく見るいわゆるオッズってやつ。勝利チームに賭けると、賭け金×数字が手に入る。

PHIに$3
PHOに$3
MINに$3

「ロードで倍率は悪いが勝つ可能性はありそうなチーム」に賭けるのが正解な気がしたため、実践。今日から始めた割には思い切った賭け方をしすぎたかもしれない。PHIは未だ全敗だが、ここ3試合は接戦。MEMの調子もイマイチだしZ.Randolphいないしということで賭けてみた。

これにて終了、本日の賭け金は$69

11/29終了時点での残金は$131

 

さらに追記

色々なフォーマットが追加されていたので、追加でベット

2015y11m30d_013410430

これは、2Qのみの得点差の賭け。

2015y11m30d_013846256

これは、後半戦のみでの得点差の賭け。

 

賭けるポイントが細分化されていて、気づいたら50パターンくらいになっていた。最初2パターンかと思ったから、ビックリ。いっこいっこ説明していくのは正直シンドいので、賭けながら簡単に説明していきます。

本日の賭け金 $0

本日の勝敗 ナシ

本日の収支 ナシ

明日の賭け金 $89

11/29終了時点の残金 $111

総合収支 $0

 - ウィリアムヒル(ブックメーカー)